*back strret tour part1*
(image200×150pixel)

2004年春、御柱祭が行われた諏訪大社の秋宮界隈にまつわる文学のロマンスの道を歩いた。
十返舎一九「金の草蛙」島崎藤村「夜明け前」宇野浩二の「山恋ひ」などに登場する中山道と甲州街道が交わる宿場町だ。


諏訪大社秋宮界隈に、文学ロマンの道ありき。

路地散歩 路地散歩 路地散歩




風雅舎は、路地の日に「街かど博物館」として開館。その前に子供のちなんだ石碑あり、その界隈に続く蔵のみち。

風雅舎 石碑 蔵の道1 蔵の道2




「青塚古墳」長径50mの前方後円墳(双子塚)で甲武者の埴輪や土器が発見された県指定文化財。

青塚古墳" 青塚古墳 花




三味の音の路地にあるお稲荷さんには芸者衆の参拝が絶えなかった。「山恋ひ」を偲んで…。

お稲荷さん1 お稲荷さん2 山恋ひ1 山恋ひ2






*back strret tour part2*
「山恋ひを偲んで…」は、上の額にある「宇野浩二」「山恋ひ」について記してあるものから引用し、ご紹介しています。


*index*

桜ライン

当サイトの テキスト、imageはオリジナルですので、
持ち出し、複製、配布等はご遠慮下さいませ。(-"-)
尚、お借りしている素材もあります。


Copyright©2004 haert land annex all right reserved

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO